ニュース

熊野寮祭 警察官が入構 時計台登る学生を制止

2017.12.16

12月1日、川端署の警察官が構内に入構し、熊野寮祭の企画で時計台に登る学生らを制止した。熊野寮自治会によると、企画に際し警察官が入構したのは今回が初めてだという。         
学生らが時計台に登り演説を始めた後に警官数人が入構。十数人の職員と共に学生らが時計台に設置したはしごの周りを囲み、あとに続いて時計台に登ろうとする学生を制止した。一部の警官は時計台の中から屋上にあがり、学生らに屋上から降りるよう説得した。警察の入構に抗議する学生もいた。ある警官は、「110番通報があったので駆け付けた。正当な手続きは経ている」と話した。

11月27日には、時計台に登ることは極めて危険であり建造物侵入として刑法に触れる可能性があるとして、時計台に登る者を発見次第警察に通報することが川添信介学生理事・副学長名義で告示されていた。