第63回 11月祭企画特集 今年も全面オンライン開催 11月19日(金)〜11月22日(月)

Filed under: 企画類
????????????????????
対面開催の道を模索したものの、昨年に続きオンライン開催を余儀なくされた学園祭「11月祭」。各団体の企画内容とともに紹介する。(編集部)

解説 - 開催形態


今年度の11月祭は、すべてオンラインで実施することが決まった。

11月19日から22日まで11月祭公式サイト上の特設ページで動画などが公開される。閲覧・視聴は無料。企画等の詳細は、公式サイトで公開されている電子版パンフレットを参照。

11月祭事務局が実施する「本部企画」としては、教員による「本部講演」の配信やユーチューブを利用した「ラジオ企画」がある。京大生から募る「一般企画」では、特設ページ上で、画像や文章による展示の掲載、動画の配信、通信販売、ビデオ会議システムZoomを利用した交流企画や生中継が用意されている。動画配信の企画では、事前に収録された演劇や音楽ライブなどのパフォーマンスを視聴することができる。本特集では、「一般企画」のうち8企画による紹介文の寄稿を掲載する。なお、オンライン開催に伴い、例年実施している企画のうち、著名なゲストを招く「スペシャルライブ」、屋外通路に店が並ぶ「フリーマーケット」、グラウンドで飲食物が提供される「模擬店企画」、パフォーマンスの後に焚き火を囲む「フィナーレ&ファイヤー」は行わない。また、「本部企画」のうち、京大の研究成果を共有する場となっている「研究室企画」は行わず、新たに「インタビュー企画」を設け、研究室などへのインタビューを公開する。

今年度の11月祭の統一テーマは「我ら社会の変異株」に決定した。8月9日に11月祭事務局が発表した。

table1.png
【今年度の11月祭の開催形態(11月祭公式サイトをもとに作成)】

【開催形態をめぐる全学実の動向】


8月7日:会場を吉田南に限定し、対面での開催を行う方針を提案。
8月29日:飲食物の提供をしない形で対面開催を行う方針を示した。
9月5日:オンラインでの開催を提案。
9月24・26日:全面オンラインでの開催が決定。実務上の理由から「消極的承認」に至った旨を確認する附帯決議付きで承認された。

    寄稿 - 企画紹介


ここから次頁にかけて、企画出展団体による紹介文の寄稿を掲載する。
※順不同。紹介文および写真はすべて各出展者提供

    本部講演 文:11月祭事務局
    グリークラブ
    劇団愉快犯
    落語研究会
    雪だるまプロ
    KUBS京都大学放送局
    クジャク同好会
    淡水生物研究会
    ボート部

本部講演 文:11月祭事務局


京都大学11月祭では例年学内外から講師をお招きし、貴重な講演をいただいております。昨年度に続きオンライン開催となった今年度は二人の京大の先生をお招きし、講義動画をユーチューブ上で公開いたします。

一人目は山村亜希先生(京都大学地球環境学堂教授)。ご専門は歴史地理学で、日本・西欧における歴史都市(城下町・港町など)の立地や形態を復原して地図化し、時代や地域固有の都市空間のあり方を研究されています。京大生なら誰もが知る人気講師が、京大の立地する吉田を歩きながら、吉田神社や吉田山の地形にまつわる隠れた歴史を解き明かしていきます。

二人目は伊勢田哲治先生(京都大学文学研究科准教授)。ご専門は科学哲学と倫理学で、社会認識論(科学の制度的な側面の哲学的検討)、境界設定問題(科学と疑似科学の区別をどうつけるか)、動物倫理学(人間と動物の関係はどうあるべきか)、宇宙倫理学(宇宙開発はどうあるべきか、宇宙時代に倫理はどう変わるか)などを主な研究テーマとされています。本企画では2020年の米国の大統領選における陰謀論などを事例に「かみあわない対話」について学問的に深めていただきました。

また、公式ウェブサイト上では、特別に先生方の京大生時代の思い出やおすすめの一冊を教えていただきました。オンライン開催ならではの本部講演を是非ご覧ください。

【視聴方法】
「11月祭公式HP〉本部企画〉本部講演」から各講師の「講演を見る」をクリック。11月19日(金)公開開始。視聴料無料。予約不要。

目次へ戻る

グリークラブ 


京都大学グリークラブです。男声合唱のコンサートをやっています。男声ならではの重厚な響きをお楽しみください。

団紹介


当団、京都大学グリークラブは〈男声合唱〉という手段を通して、音楽に、ひいては芸術と向き合っており、学生らしい自由な発想のもとで、団員皆で1つの音楽を作り上げることを理想に日々活動しています。

いわゆる現代合唱曲はもちろん、外国語曲やアニメ・特撮主題歌の男声合唱ver.を扱っています。また、少人数ゆえに一人一人の歌唱力向上を図ることができるとともに、「この曲を歌いたい」というリクエストも通りやすいところが魅力の一つです。

週3回、2~3時間の練習を行っており、週に一回の頻度でプロのボイストレーナーの方をお呼びして毎回熱心な指導をいただいています。今年度からはユーチューブ上での動画公開、演奏の配信等も精力的に行っていますので、お気軽にご覧下さい。初心者大歓迎です!(団員のほとんどが大学から合唱を始めました)

【視聴方法】
11月祭公式YouTubeチャンネルから。また、グリークラブ公式チャンネルから過去の演奏会音源を視聴可能。

目次へ戻る

劇団愉快犯


今年のNFは画面の向こうから参戦!我々劇団愉快犯は京都大学を拠点としてコメディを中心に活動している学生劇団です。オンラインNF企画「劇団愉快犯in防犯カメラ」と銘打ち個性豊かな五本の短編をユーチューブ上にて公開します。笑いと驚きが止まらない作品が勢ぞろい!以下、あらすじをご紹介します!

『スパイバカップル』

優秀なスパイの二人に舞い込んできた次の任務はカップルに扮しての潜入捜査!?しかし恋愛経験のない二人は――。


『死神』

借金に追い詰められた男は死神に財テクを教わることに……。果たしてその結末は?


『晩飯』

「今日の晩飯は……焼肉かな」ちょっとゆるくてなんだかおかしな会話劇。


『長谷川さんの就活』

劇団唯一の女子、長谷川さんが就活に!?ヒロインを失った男子団員たちがとった行動は如何に!


『おい鬼太郎!金よこせ!』

貴方は自分が何者かご存知ですか?アイデンティティを巡る葛藤の物語……かもしれない。


あなた好みの作品にきっと出会えるはず!カメラの向こう側の劇団愉快犯をチラッと覗いてみてくださいね。公式ユーチューブチャンネルでは過去作も公開しておりますのでそちらもぜひご一緒にどうぞ!

【視聴方法】
11月19日(金)に劇団愉快犯公式YouTubeチャンネルにて公開予定
Twitter…@yukaihann
Instagram…@gekidan_yukaihan

目次へ戻る

落語研究会


京都大学落語研究会が今回の11月祭で出展するNF寄席では様々な落語を楽しんでいただけます。つい声を出して笑ってしまうような滑稽噺から、心温まる人情噺まで!また、11月19日(金)には部員が作った新作落語を披露する「原型のない落語会」という企画もございます。

落語以外では漫才、コント、ピンネタなどがあり、特に11月21日(日)には「コントコフジ」というコントのみを連続してお楽しみいただける企画もございます。

お笑い好きの方はもちろんのこと、普段落語に親しみがない方にも気軽にお楽しみいただける内容となっております。京大落研のユーチューブチャンネルで配信を行います。是非お気軽にご視聴ください。

また、NF寄席と同時進行の企画として、放課後マンザイ倶楽部のユーチューブチャンネルにて、お笑い動画の連続投稿を行います。放課後マンザイ倶楽部とは、京大落研の部員の有志による組織で、落語以外のお笑いを精力的に行っております。こちらの企画は、11月19日(金)より1週間の間行われますので、11月祭の後もお楽しみいただくことができます。

いずれの企画も無料でご視聴いただけますので、お時間のあるときに是非お気軽にお楽しみください。

【公開日時】
NF寄席:11月19~26日の各日13時開演、放課後マンザイ倶楽部:19~26日で毎日投稿
【視聴方法】
京都大学落語研究会・放課後マンザイ倶楽部の公式YouTubeチャンネルから

目次へ戻る

雪だるまプロ


雪だるまプロは総勢約40名で活動している自主映画制作サークルです。脚本の執筆から演技・技術・編集まで、すべてを自分たちで行っています。

今年のNFでは飛沫対策と無声映画のフュージョンをはかった新作映画に加え、コロナ禍以前の雪だるまプロが総力を挙げて撮影した長編映画2本を上映します。

芸術がもたらす感動、時にそれは困難に立ち向かう希望を与えてくれます。私たちの作品が、誰かにとってのささやかな希望となれば幸いです。

作品紹介


『凪』(2019)

大切なものを失った主人公・マユは一人電車に乗って旅に出る。遠ざかるほど恋しくて、帰りたくなる場所がある。それはきっと幸せなことでしょう。


『それでも星は美しいか』(2019)

星が嫌いだった。あのキラキラとした、満点の星が僕は大嫌いだった。」母親の死から星を嫌うようになった一浩はある時、おなじ演劇サークルの先輩・由美の秘密を知ってしまう。彼女と交流していくうちに、由美もまた「星が嫌い」だということを知る。二人は徐々に親密になっていくが・・・。


『君の生姜焼きをたべたい』(2018)

今後数か月の間で死のうと思っている方募集。あなたのお肉を買い取ります。


【公開期間】
11月19~22日
【視聴方法】
11月祭ホームページから

目次へ戻る

KUBS京都大学放送局


KUBS京都大学放送局は今回、ユーチューブで4日間のラジオ生放送に挑戦します。局員の元気なトークをはじめ、盛りだくさんの企画をお届けしていきますよ!ぜひお楽しみ下さい!

放送番組・企画


〇局員トーク!!

局員が好きなトークテーマを設定して、時には熱く、時にはダラダラ話していく番組。どんなトークが繰り広げられるかは未知数です・・・。作業のお供にぜひどうぞ!


〇NF紹介番組

局員が個人的に注目した今年のNF企画をご紹介。各団体さんから頂いたメッセージ等も放送予定です。


〇ラジオドラマ・オンライン謎解き【作品公開】

NFに合わせて、2つの作品を制作しました。各日1話ずつ公開予定です!


〇京大生の生の声(工学部・農学部)【公開収録】

人気企画、学部紹介ラジオを公開収録します。現役学部生に根掘り葉掘り聞いていきますよ!受験生・1回生の皆さん、ぜひご覧ください!


〇百万遍歳時記(朗読)【公開収録】

シリーズ企画「百万遍歳時記」の特別版として、朗読の生実演を行います!日頃の練習の成果をぜひお聴きください!


※詳しいタイムテーブルは公式Twitter(@kubs_kyodai)で発信予定です。

☆みなさんからのお便り・感想を募集しています!頂いたメッセージは放送内でお返事・紹介します。ぜひリアルタイムでお楽しみ下さい!

【視聴方法】
YouTubeチャンネルまたは11月祭ホームページから
【公開日時(予定)】
19日:12時半~18時半
20日・21日:10時半~18時半
22日:10時半~17時半

目次へ戻る

クジャク同好会


京都大学クジャク同好会は、クジャクを卵から孵化させて育て、京大のアイドルにすることを目指す自称意識高い系学生団体です。現在人間140名(幽霊会員8割)、クジャク3名、その他様々な生物会員や非生物会員で構成されています。クジャクの名前はサカタニ♂、天空を駆ける嵐を呼ぶ虹色の不死鳥神(スカイレインボーハリケーンゴッドフェニックス)♀、田中くん(仮)♂です。活動内容は主にクジャクの世話や、魚・鶏などを捌いて食す、特定外来種の防除など、意識の高い活動をしています。

当同好会は例年11月祭において、クジャク等とのふれあいと、クジャクに関するものやそうでないものの物販を行ってきました。オンライン開催になった今年は、オンライン上にて、クジャクやそうでないものの動画及び画像の販売を行います。売上や募金して頂いたお金はクジャクの世話代に充てられます。

当同好会では、現在会員を絶賛募集中です!年齢・性別・生物種問わず、入会した自覚さえあれば会員になれます。クジャクが好き、充実した大学生活を送りたい、就活で話せるサークルに入りたい、カンボジアに学校を建てたいという方は是非ご入会ください。なお、クジャクの餌やり見学をツイッター(@KU_peacock)のDMにて受け付けています。

目次へ戻る

淡水生物研究会


京都大学淡水生物研究会は淡水生物が大好きな部員たちが日本全国の湿地帯に行き採集、観察、料理や研究を行うサークルです。

今回のNFは京都府民にはお馴染みの鴨川に生息する魚の紹介を行います。普段鴨川を歩いているだけでは気づかないような、鴨川に生息する淡水魚の魅力をお伝え出来たらいいなと思っています。オンラインでの開催となるため鴨川に生息する全ての淡水魚を紹介することは出来ませんが、比較的よく見られる魚を選んで解説しています。掲載されている写真は全て部員が実際に採集を行い撮影したものです。淡水魚好きの淡水魚好きによる淡水魚好きのための面白い解説を是非ご覧ください。

展示企画以外にも物販を行っています。今回は淡水魚のポストカード、淡水魚の透明骨格標本を販売致します。透明骨格標本については今回初めて作製を行いました。必要な材料が高価であったり、一般の人では入手が困難な物もあったため、工夫して何とか作製しました。出来具合は完璧とまでは行きませんが頑張って作りました。透明になっていない子がいたとしても心の目で透かして見てください笑。もし宜しければ購入お願い致します。

【視聴方法】11月祭ホームページから
【公開日時】11月19~22日

目次へ戻る

ボート部


京大ボート部は今年のNFで「ボート部受験生応援企画」をオンラインで行うことになりました!部活に所属しているボート部京大生がどんな受験期や大学生活をすごしたのかをまとめた内容になっています。主に今年ボート部に入部してくれた一回生を中心にアンケートをとっているのでコロナ禍での受験生がどのようなモチベで受験を乗りきったかを知ることができるでしょう。また、それだけでなく京大ボート部員からの超熱い受験生特別応援メッセージ付き動画を公開する予定です。受験生がひとたびこの動画を見ればモチベーションが上がること間違いなしです!

しかしなぜボート部が受験生を対象にしているのか疑問に思う方も多いでしょう。それはボート競技の知名度が全国的にとても低いことに起因します。悲しいですね。そこでNFをきっかけに将来の有望な京大生たちにボート競技について知ってもらい、来年の新歓で多くの新入生に入部してもらいたいという願いを込めてこの企画をおこなうことになりました。

公開されたらサイトをのぞいてみてください!来年の受験にきっと役に立つことでしょう!そしてアンケートに答えてくださった受験生限定で、豪華特典を用意しています。回答して豪華特典を受け取りましょう!

【視聴方法】11月祭ホームページから

目次へ戻る

トップページお問い合わせサイトポリシー著作権について個人情報の取り扱いについて
京都大学新聞社 〒606-8317 京都市左京区吉田本町 京都大学構内 TEL:075-761-2054(直通) 075-753-7531(内線2571) FAX:075-761-6095