ニュース

〈Topic ’24〉聖地に初夏の風が吹く 大原 三千院で不動大祭

2024.06.01

〈Topic ’24〉聖地に初夏の風が吹く 大原 三千院で不動大祭

青々と茂る聚碧園と観光客

三千院は最澄がこの地に草庵を結んだことに始まり、現在は浄土信仰の聖地といわれる。今年は4月20日から5月19日にかけて不動大祭が開催され、秘仏・金色不動明王が御簾の向こうで静かに構える姿が公開された。

『往生要集』の著者である源信が建立した往生極楽院をはじめ、三千院には宸殿(しんでん)、金色不動堂、円融蔵(えんにゅうぞう)といった文化財がある。中でも聚碧園(しゅうへきえん)では、縁側に座る観光客が視界に広がる新緑や池を楽しんでいた。

三千院は大原バス停から徒歩10分、商店と小川に挟まれた坂道を上った先に現れる。3月から10月は9時から17時の間、一般拝観料700円で多くの仏像や絵画を目にすることができる。(胡)

関連記事