【総長選2020】現執行部 支持25% 本紙学生アンケート(概要版)(2020.07.16)

Filed under: ニュース
????????????????????
進行中の総長選を巡り、本紙は京大生を対象にアンケート調査を実施した。山極壽一総長をはじめとする現執行部の施策について、「支持する」または「おおむね支持する」と答えた学生が約25%となった。このほか本記事では、調査で得られた回答を通して、現執行部や総長選に対する学生の声をまとめる。

なお、次期総長は教員への意向調査を経て7月21日に決まる予定となっている。9月末をもって現総長および全8名の理事の任期が終了し、新体制の始動を迎える。

調査は、6月19日から7月3日にかけてgoogleフォームを用いて実施した。重複回答を防ぎ京大生であることを確認するため、学生用メールアドレスの記入を求めた。重複を除いた有効回答は496件で、そのうち学生用アドレスでの回答は335件だった。本記事中で示す割合や記述回答は、学生用アドレスでの回答からまとめている。その他のアドレスを含む記述回答の詳細は【総長選2020】本紙学生アンケート記述回答 を参照のこと。

総長選「知らなかった」約3割

学生は総長選の投票権を持たず、選考に関する情報が教職員以外に行き渡っていない現状がある。調査では約33%の学生が、今年、総長選が行われることを「知らなかった」と回答した。一方、総長選の行方について、「関心がある」との回答は約61%で、「関心がない」の約19%を大きく上回った。

現執行部の施策「支持する」25%

山極総長をはじめとする現執行部の施策について、「支持する」または「おおむね支持する」と答えた学生は約25%となった。理由の記述欄では、「独立した学術機関としてはっきり政府にものを言う姿勢が非常に頼もしかった」など、山極総長の対外的な言動を評価する声があったほか、「産業への短期スパンでの応用性だけにとらわれず、学問としての基礎研究を重んじている」など、研究活動に関して前向きな印象を示す意見が見られた。

一方で、「支持しない」または「あまり支持しない」という回答が約54%となった。不支持の理由としては、「学生処分や吉田寮の件に関し、学内の議論を十分に行わず決定を行い、執行後も議論過程や判断基準を明示していない」など、学内での意思決定の方法や透明性を問題視する声が集まった。また、「施策をよく知らない」という理由で「どちらとも言えない」とする回答が一定数あった。

学生重視「達成できていない」約6割

学生への働きかけに関して、山極総長は2014年7月、就任時の記者会見で「京大のアクターは学生」と述べた。「学内の執行部に学生が参加してほしいという意味ではない」と前置きしたうえで、「我々が下支えをして学生に世界へ羽ばたいてほしい」と学生に呼びかけていた。実際に学生はどう感じているのか、総長が掲げた学生重視について尋ねたところ、「達成できている」または「おおむね達成できている」と答えた学生は約22%にとどまり、「達成できていない」と「あまり達成できていない」が約62%と大きく上回った。おもろチャレンジや京大生チャレンジコンテストなど学生の取り組みを援助する企画を挙げて「学生が成長できる機会が増えている」と評価する声が上がった一方、立看板規程の制定や学部科目でのキャップ制の導入などの施策について、「学生の主体性を奪っている」とする回答もあった。

「学生との対話を」次期執行部に

自由記述欄では、「学生と対話し、様々な事情を抱える学生に配慮した大学運営を願う」など、次期執行部への要望の声が上がった。また、「学生にとってオープンな総長選にするため、情報を周知してほしい」など、総長選の実施方法に関する回答も見られた。このほか記述回答の詳細は、【総長選2020】本紙学生アンケート記述回答 でまとめる。調査の実施方法および各設問の内容と回答は以下の通り。

アンケートの実施方法

6月19日から7月3日にかけてgoogleフォームを用いて実施した。公式Twitterで回答を呼びかけたほか、メールで学内団体や教員に周知を依頼した。SNSを利用しない学生や、団体に所属していない学生への周知に限界があるほか、アンケートは日本語版のみで留学生からの回答が十分に集められていないと考えられる。重複回答を防ぎ京大生であることを確認するため、学生用メールアドレスの記入を求めた。ただし、実質的に記名回答となることに配慮し、その他のアドレスの記入も可能とした。回答数は以下の通り。

回答数         507件
アドレスの重複      9件
その他、無効       2件
有効回答数       496件
学生用アドレスでの回答 335件

設問と回答

※京大の学生用アドレスでの回答を集計

1、所属をお聞かせください。
学部生    204
大学院生   130
その他     1

2、今年、総長選が行われることを知っていましたか。
知っていた 224(学部148、院75、その他1)66.9%
知らなかった 111(学部56、院55)33.1%

3、総長選に関心がありますか。
関心がある 202(学部124、院77、その他1)60.3%
関心がない 60(学部42、院18)17.9%
どちらとも言えない 73(学部38、院35)21.8%

4、山極総長および8名の理事ら現執行部による施策を支持しますか。
支持する 21(学部12、院9)
おおむね支持する 64(学部28、院36)
どちらとも言えない 70(学部40、院30)
あまり支持しない 95(学部69、院26)
支持しない 85(学部56、院29、その他1)

支持・おおむね支持 25.4%
どちらとも言えない 20.9%
支持しない・あまり支持しない 53.7%

5、山極総長は就任時の会見で「京大のアクターは学生」と述べましたが、現執行部は学生重視を達成できていると思いますか。
《参考》「山極氏 記者会見一問一答」(2014年7月16日号)(該当箇所は最後の質問への応答)

達成できている 17(学部8、院9)
おおむね達成できている 57(学部28、院29)
どちらとも言えない 52(学部20、院32)
あまり達成できていない 86(学部65、院21)
達成できていない 123(学部84、院39、その他1)

達成・おおむね達成 22.1%
どちらとも言えない 15.5%
達成できていない・あまり達成できていない 62.4%

kaitou

7月16日23時配信

トップページお問い合わせサイトポリシー著作権について個人情報の取り扱いについて
京都大学新聞社 〒606-8317 京都市左京区吉田本町 京都大学構内 TEL:075-761-2054(直通) 075-753-7531(内線2571) FAX:075-761-6095