ニュース

京大 新理事任命 北川進特別教授ら

2024.04.16

湊長博総長は4月1日付で、再任2名を含む4名の大学理事を任命した。

■新任

▽小幡泰弘(53)

総務、労務、人事、危機管理担当。特命事項は事務改革(DX推進)、報道対応。任期は6月末まで。慶應義塾大経済学部卒業後、文部省に入省。省内の役職に加え、在フランス大使館一等書記官、内閣官房内閣参事官などを歴任した。〈前〉文科省高等教育局高等教育企画課長。

小幡氏の就任により、総務・労務・人事などを担当する理事は2014年から5人連続で文科省出身者となった。

▽北川進(72)

研究推進担当・副学長。特命事項は競争的研究資金戦略、国際共同研究。任期は9月末まで。京大工学部卒。京大工学研究科博士課程石油化学専攻単位習得退学。工学博士。工学部工業化学科長、物質―細胞統合システム拠点長などを歴任した。〈現〉京大高等研究院特別教授。

北川氏は昨年1月、国際卓越研究大学を巡る本紙のインタビューに答え、同制度への申請は「世界から優秀な人を呼び込める大学になる機会」だとしたうえで、大学の課題は「横並びな給与水準や研究スペースの待遇」だと指摘していた(全文は本紙23年1月16日号掲載)。

■再任(任期は2年間)

▽澤田拓子(産官学連携)

▽野崎治子(広報)

■退任

▽串田俊巳(総務、労務、人事、危機管理)

▽時任宣博(研究、評価)

なお、今回新任された理事の任期はいずれも短いが、これは任期満了前に退任した理事の後任の場合、前任者の残任期間が任期となるためで、任期満了後に再任される可能性がある。