文化

’08 就職を読みとく 大学院生の就活支援サイト「アカリク」開設

2008.03.17

今年3月から、大学院生専用の就活サイト「アカリク」がオープンする。就職先に恵まれない大学院生と企業の橋渡しを目的に開設。開設したのは株式会社D・F・S。創業者は自らも京大大学院で哲学を学んだ院生だった。

2007年3月には、同じく大学院生向け季刊のフリーペーパー「アカリク」を創刊。院生を積極的に雇用している企業のインタビューや、覆面座談会、アンケートなど「大学院生」に焦点を当てたコンテンツをそろえている。大学生協や就職課を通じて全国に配付している。ちなみに京大ではキャリアサポートセンターで手に入れることができる。

院生には、修士・博士課程の中で考えるトレーニングを積んでいるため優秀な人材は多いが、研究のために就職活動のタイミングを逃してしまうことが多い。一方、企業側も院生が増加しているにもかかわらず、院生の採用への理解が進んでいない現状がある。

最近は「多様な人材をとる」ことを謳う企業も増え、人事制度もフレキシブルになった。限られたアカデミック・ポストを目指すよりも、企業で能力を生かしたいと考える大学院生も増えてきたという。