「宇宙社会」実現へ新拠点 土井飛行士ら招き設立(2021.07.01)

Filed under: ニュース
????????????????????
京大は6月22日、宇宙での居住に向けた研究に取り組む「SIC有人宇宙学研究センター」を設立したと発表した。

住友林業や鹿島建設などの企業と連携し、宇宙での木材の活用や建築物のデザイン、放射線の影響の分析など5つの領域で研究を進める。構成員として、宇宙飛行士で2016年から京大教員の土井隆雄氏を特定教授に据えたほか、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などから専門家を集めた。

センターは、昨年10月に京大大学院総合生存学館が立ち上げた「ソーシャルイノベーションセンター(SIC)」内の研究領域の一つとして発足した。昨年12月には、2023年に世界初となる木造人工衛星を打ち上げる計画を発表している。今回、センターの構成員や協力企業が確定し、設立の公表に至った。
山敷庸亮センター長は公式サイトに掲げた挨拶文で「近未来の宇宙社会実現に向け、諦めずに確実に前に進んでゆく」と表明している。

トップページお問い合わせサイトポリシー著作権について個人情報の取り扱いについて
京都大学新聞社 〒606-8317 京都市左京区吉田本町 京都大学構内 TEL:075-761-2054(直通) 075-753-7531(内線2571) FAX:075-761-6095