吉田南中庭を整備 木を切り日当たり良く(2014.12.16)

Filed under: ニュース
????????????????????
吉田南総合館の中庭が整備されることが分かった。閑散としている中庭を、学生が休憩するための場所として有効活用することが目的だ。樹木を伐採したり、新しくテーブルやベンチを置いたりする。

吉田南構内共通事務部の経理課の担当者によると、中庭には藤棚が置かれ木が植えられているが、これまで十分な管理がされていなかったという。そのため日が当たらず薄暗く、またデッキや枕木の小径も腐り衛生的な感じがしないため、閑散としている。

そこで木を伐採・剪定して日当りを良くし、朽ちたウッドデッキや枕木を新しくする。テーブルやベンチも置く。そして、吉田南構内正門からプロムナード、中庭にかけて一体感のある木漏れ日があふれる休憩スペースにすることを目指している。

整備事業は、10月14日の第13回役員会で決議された第3回全学経費使用計画の一部。詳しい日程は未定だが、今年度中に整備する予定だ。

トップページお問い合わせサイトポリシー著作権について個人情報の取り扱いについて
京都大学新聞社 〒606-8317 京都市左京区吉田本町 京都大学構内 TEL:075-761-2054(直通) 075-753-7531(内線2571) FAX:075-761-6095