ゴリラと歩んだ研究者人生 山極壽一前総長 最終講義(2020.10.16)

Filed under: 未分類
9月25日、9月で退職となった山極壽一前総長の退職祝賀シンポジウムがオンラインで開催され、その中で山極氏の最終講義が行われた。「サルやゴリラと眺めた人類の進化」と題し、自身の研究者人生を振り返った。
最終講義は、山極氏が学部生のときの話から始まり、ルワンダ、コンゴ民主共和国、ガボンなどのアフリカ各地において野生ゴリラの研究を行ってきたことを説明した。山極氏は、自身の研究の重要なテーマとして「変異」を挙げた。ゴリラやニホンザルの地域間変異や、社会の長期的な変動について、研究してきたという。

学生へのアドバイスとして、「発見したことをとにかく論文にする」ことや、「英語圏の研究者をライバル、友人にする」ことを挙げた。自身が論文を書くときには素案を英語圏の研究者の友人に送って、校閲してもらったというエピソードを話した。

最近興味を持っている事項として、人類の社会性の進化を挙げた。自身の今後のことについては未定であるとし、これから考えようと思っていると述べた。山極氏は最後に、「お世話になったすべての人を挙げることはできないが、せめてゴリラたちに感謝を捧げたい」と述べて講義を締めくくった。

山極氏は、野生ゴリラの研究を専門とする霊長類学者である。京大理学部を卒業し、日本モンキーセンター研究員、霊長類研究所助手などを経て、2002年から京大理学部教授に着任。2014年より第26代京大総長を務めた。山極氏の最終講義を含む退職祝賀シンポジウムは、アーカイブがYouTubeで公開されており、理学研究科生物科学専攻人類進化論研究室のホームページから閲覧できる。(凛)

【入学アルバム】発行延期について

Filed under: 未分類
6月4日22:00 更新

入学アルバムの発行延期

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、入学式が中止され、対面授業の開始も延期されております。それに伴い、入学アルバムの日程について以下の通り変更いたします。

・発行時期 9月上旬→12月上旬
・申込締め切り 5月末日→10月末日

既にご予約いただいた皆様にご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。なお、アルバムの内容は10月以降の対面授業の再開状況に影響を受ける可能性があります。詳細が決まりしだい本ホームページにて発表いたします。

アルバム掲載写真の募集

入学式は中止となりましたが、皆様の晴れ姿をアルバムに掲載させていただきたく、記念写真を募集いたします。ご入学の記念に、ご本人様のお写真や、ご家族、ご友人とのお写真などをぜひお送りください。応募締め切りを5月末としておりましたが、対面授業の延期を考慮し、締め切りを10月末日に延長いたします。kup@ops.dti.ne.jpまでお送りください。

※メールの件名に『入学アルバム写真』、本文にご入学者様のお名前と学部をご記載ください。お写真は、おひとり様につき3〜4枚を目安とさせていただきます。お名前などの個人情報はご入学者様のお写真であることを確認するためにお教えいただくもので、それ以外の目的では使用いたしません。アルバムには写真のみ掲載いたします。

2020年6月4日

京都大学新聞社

《これまでのお知らせ》
【入学アルバム】今後の対応について(4/7の撮影は中止します)(3月31日)

京大 授業開始は延期せず 新型コロナ 続く影響(2020.04.01)

Filed under: ニュース, 未分類
※この記事は、3月25日に執筆されたものです。現在の状況とは異なる点が多くあります。最新の情報は、京大 5月6日まで原則休講 新型コロナ 収束の見通し立たず(2020.04.16)からご確認ください。

新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行が続いている。世界保健機関(WHO)は「パンデミックは加速している」との声明を出した。厚生労働省によると、日本国内での感染者は3月25日時点で1193人、死亡者は43人となっている。京大でも、感染拡大を防ぐため、さまざまな対応をとっている。

一部科目はオンラインで

京大は3月26日、公式ホームページ上で全学向けに「新型コロナウイルス感染拡大防止の下での授業の実施について」を発表し、授業は当初の予定通り4月8日から実施すること、科目によってはオンライン形式で授業を実施することを発表した。

全学共通科目については3月25日、国際高等教育院がホームページ上で、授業は当初の予定通り4月8日に開始するとしたうえで、5月1日までの間は、一部科目を除き対面での授業を実施しないと発表した。対面形式の授業が可能となるまでは、オンライン授業の実施や、京都大学教務情報システム(クラシス)や学習支援サービス(PandA)を通じた自習教材・課題の提供などで補填するという。国際高等教育院は、クラシス上で発表する情報をこまめにチェックするよう求めている。例外的に対面形式の授業が実施されるのは外国語科目群などで、これに加え、安全面に配慮して実施可能とする科目を4月6日までに発表するとしている。対面授業の実施にあたっては、学生に入室前の手洗い・手指の消毒・机の除菌や、マスクの着用を求めるなど、感染拡大防止に向けた対策を呼びかけている。

連休明けの5月7日以降の対面授業の実施については、今後の社会状況などを考慮して後日発表するとしている。なお、全学共通科目の試験は例年通りの日程で実施する予定だという。

なお、各学部の開講する専門科目についても、4月8日から授業開始となっており、履修登録者数を確認したうえで、オンライン形式など、授業形態を決定するとしている。

新入生向けの行事も変則的に

また、3月10日に京大は卒業式と入学式の中止を発表した。4月7日には、山極壽一総長の新入生への祝辞がウェブ上で配信される予定だ。

また、京大は例年4月の初めに、部局ごとに指定日を設けて全新入生を対象とする健康診断を実施しているが、今年度は感染拡大防止の観点から、会場での診断は実施せず、事前のウェブ問診のみの実施となる。ウェブ上で実施できない診断項目に関しては、後日実施の可否を判断して発表するとしている。在学生の健康診断についても、ウェブ問診のみを実施し、後日、会場での診断を行う予定はないという。ウェブ問診の入力期間は新入学部生・新入大学院生が3月30日17時まで、在学生が4月2日から4月17日17時まで。

学生証交付に関しても、学部ごとに日程をずらすほか、名前の五十音順で時間を分けるなどして、人が集中しないような対策をとっている。

学内のシステムについての全学機構ガイダンス・全学共通科目のガイダンスや、文学部や教育学部のガイダンスはPandA 上で配信されるが、経済学部は時計台の百周年記念ホールで全クラス合同の授業・ガイダンスを行うなど、対応は様々だ。

卒業式は中止に

3月10日、京大は今年度の卒業式の中止を発表した。当初卒業式を実施する予定であった3月23日、24日には、例年みやこめっせで開催される式典は実施されず、各学部において学位記を授与・交付するにとどまったが、学位記を受け取りに来た卒業生たちで吉田キャンパスは賑わった(今号Topic記事参照)。

なお、卒業式の中止を受け、学生有志が24日に向けて「京都大学令和元年度卒業集会」を計画し、SNS上で参加を呼びかけていたが、京大は18日、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況下で、参加した学生やその家族などの感染リスクを高めるとして、「認められない」との姿勢を示した。

課外活動の新歓にも影響

3月16日、川添信介・学生担当理事は「新型コロナウイルス感染拡大に伴う新入生勧誘活動の見直しについて」を発表した。飲食を含めて、人が集まる場所で近距離での会話や身体接触を伴う新入生勧誘活動を「感染リスクを高める」とし、「新入生勧誘活動の見直しを行い、新型コロナウイルスに感染し拡大させる可能性のある行動をしないよう求める」と要請した。具体的にどのような対応をとるかは各団体にゆだねられている。

今回の大学からの要請に対し、各団体の対応は様々である。京都大学応援団と京都大学体育会は、例年、新入生の健康診断に合わせて吉田キャンパス本部構内で開催している、大規模な新歓イベント「紅萠祭」を中止すると発表した。

731部隊論文 検証求める有志 申入書提出 総長に懇談を要求(2020.04.01)

Filed under: ニュース, 未分類
京大が1945年に学位を授与した旧満洲第731部隊軍医将校の学位論文に人体実験が疑われる記述がある問題で、京大に検証を求める有志は3月3日、山極壽一総長に懇談の場を設けることを要請する申入書を郵送で提出した。同日、西山勝夫・滋賀医科大名誉教授ら有志は会見を開き、論文の本調査を行わないなど一連の当局の対応を「不誠実」と指摘した。

有志による「満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を京大に求める会」は会見の中で、昨年6月に関係資料の情報開示請求を行ったところ、不開示や黒塗りでの開示ばかりだったと説明し、「到底納得できない」と京大を批判した。今回の申入書で有志は、こうした大学の対応について山極総長に見解を問いたいとしている。

当該の学位論文は、ペスト菌を有するイヌノミを「さる」に付着させて感染率を調べたもので、京大は、これを執筆した軍医将校に医学博士の学位を授与した。しかし有志は、「さる」が「頭痛(中略)ヲ訴ヘ」という記述があることなどから論文中の「さる」が人間である可能性を指摘し、2018年1月に会を発足させて以来、京大に検証の実施および人体実験が確認された場合の学位取り消しを求めている。

検証の要求を受けて京大は2018年9月に予備調査を開始したが、昨年2月に文書で「本調査を実施しない」と通知した。有志はこれに抗議し、昨年6月に調査に関する情報公開請求を行ったところ、予備調査委員会委員の氏名が開示されなかった。これを受けて今年2月18日に有志は意見書を京大に提出し、「予備調査が適正に実施されたのかを検証する上で極めて必要性が高い」として、委員の氏名を開示するよう求めた。

有志は今回の総長宛ての申入書への回答期限を3月31日としている。申入書への回答について京大は本紙の取材に対し、「同会にこれ以上答えられることはない」と回答した。

【入学アルバム】今後の対応について(4/7の撮影は中止します)

Filed under: 未分類
03/31 19:30 更新

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月7日に予定されていた学部入学式が中止になりました。それに伴い、入学アルバムの内容を一部変更いたします。皆様のご期待に沿えるよう、例年と遜色ないアルバムを作成していく所存ではございますが、既にご予約いただいた皆様にご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

4月7日の撮影について

感染拡大の状況を鑑み、お越しになる皆様の健康・安全を第一に考えた結果、4月7日に予定していた記念撮影を中止することにいたしました。ご来場をお考えの皆様にご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。詳しい対応につきましては今後も検討を重ね、本ホームページにて随時お知らせします。

アルバム掲載写真の募集

式典は中止となりましたが、皆様の晴れ姿をアルバムに掲載させていただきたく、記念写真を募集いたします。ご入学の記念に、ご本人様のお写真や、ご家族、ご友人とのお写真などをぜひお送りください。応募締め切りは5月末日、kup@ops.dti.ne.jpまで。

※メールの件名に『入学アルバム写真』、本文にご入学者様のお名前と学部をご記載ください。お写真は、おひとり様につき3~4枚を目安とさせていただきます。お名前などの個人情報はご入学者様のお写真であることを確認するためにお教えいただくもので、それ以外の目的では使用いたしません。アルバムには写真のみ掲載いたします。

2020年3月31日

京都大学新聞社

次のページ »

トップページお問い合わせサイトポリシー著作権について個人情報の取り扱いについて
京都大学新聞社 〒606-8317 京都市左京区吉田本町 京都大学構内 TEL:075-761-2054(直通) 075-753-7531(内線2571) FAX:075-761-6095