京大職員、殺人容疑で逮捕 宇治市の男性刺殺事件(2008.12.01)

Filed under: ニュース
????????????????????
京都府警捜査本部(宇治署)は11月20日、殺人の疑いで京都大学数理解析研究所の岩手利之・会計掛主任(50)を再逮捕した。主任は、宇治市で無職・伊達悟さん(57)の遺体が見つかった事件に関連して、死亡数日前に伊達さんを傷害した容疑で逮捕されていたが、改めて殺人容疑で逮捕された。主任は「トラブルでけがを負わされ、仕返しで殺すつもりで刺した」と殺人容疑を認めているという。

府警によると、伊達悟さんは10月25日未明、宇治市五ケ庄三番割の路上で、胸などを刃物で刺され死亡。死亡3日前の22日に、伊達さんが暮らしていた乗用車を蹴り、出てきた伊達さんともみ合い、双方ケガを負った件で、主任を11月17日に傷害容疑で逮捕・抑留した。20日には主任の供述どおり、凶器とみられるサバイバルナイフ(刃渡り15センチ)を宇治田原町内の田原川で発見。改めて同日、殺人容疑で逮捕した。主任は殺人事件当時、酒を飲んでいたという。また、10月3日から31日まで、病気休暇をとっていた。

本件について大西珠枝・京都大学副学長(総務人事広報担当理事)は11月21日、「容疑が事実であれば大変遺憾」「今後の捜査の推移を見て、事実であれば大学として厳正に対処したい」などのコメントを出している。

トップページお問い合わせサイトポリシー著作権について個人情報の取り扱いについて
京都大学新聞社 〒606-8317 京都市左京区吉田本町 京都大学構内 TEL:075-761-2054(直通) 075-753-7531(内線2571) FAX:075-761-6095